シニアランナーの軌跡:2024年のトレーニングダイアリー 66/67歳

ランニング

今年もランを主軸にしたスポーツアクティビティをやります。月間100kmでどう楽しむかというのがテーマになります。

フルは、今年は11年ぶりの「東京マラソン」と「ふくいマラソン」「金沢マラソン」「みえ松坂マラソン」の4本走ります。4時間半から45分の間でゴールしたいです。

あとは、トレイルラン大会3本。トライアスロン3本です。

家のそばの毎月のマラソン大会もスピード練習として5〜10kmに出ます。

体幹はだいぶついてきたので、あとは、右足の着地でぐらつかないフォームを身に付けたいです。毎月のランレッスン+動画チェックは続けます。東京体育館の「持久力測定」も受けようと思います。

また、GARMINが練習会開いているので、それにも参加しようと思います。

1月 走行距離102km フル予想4時間40分

1/7 ハイテクハーフマラソン(済)  2023年は、新宿シティのほうだけにでましたが、よく考えたら両方でれる日程ですよね。新春は荒川でスタートします。8,000名参加ですからね。7,279円 ⇒ 6分/kmでイーブンペースで行く目標で、その通りになりました。2時間5分46秒。途中でトイレにもいかなかったし、なにしろ河川敷なのでコースがフラットです。昨年後半のレースは激坂ばかりだったのでフラットなコースのありがたみがわかりました。走り始め8℃で11℃まで上がりました。風が3~4mだったので、アームカバーは脱がずそのままでちょうどいいという感じでした。

1/20 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン 10km GARMINさんの予想が56’11”だったので、5’30”/kmで走ろうと思いましたが、最初の5kmはアップをしていたのにもかかわらず、スピードが出ず、5’45”でした。やっとあったまったのか、6㎞ラップからは、5’34”→5’33”→5’30”→5’10”→5’17”とビルドアップのようになりました。最後は5’00”切りたかったのですが無理でした。結果は、55’48”と予想を上回る走りができましたので、満足です。

1/28 新宿シティハーフマラソン (済)新国立競技場を会場にしたハーフです。都心を走るのでミニ東京マラソン的な感じでいいです。(一般募集:9/3 先着順)12,636円。ハイテクハーフが6分/kmだったので、10秒速くして5分50秒/kmで走ってみようかなと思います。そうすると2時間2分30秒です。2時間切るのは、5分40秒/kmですが、これはちょっときつそう。

今回は真面目にアップを2㎞もやったのですが、最初の入りは6分37秒で、その後も5kmまでは6分ペースでした。その後下り上りを5分40秒走り切りましたが、ちょっと脚を使いすぎて、最後の5kmは少しへたり、2時間10分(6分1秒/km)と予定より7分遅かったです。

2月 90km フル予想4時間35分

2/5 ASCICS LAB(済) フォーム分析だけ受けました。


【レポート】自然な前傾姿勢の保たれた、安定したフォームで軽快に走行されておりました。無駄の少ないフォームで、高頻度でフルマラソンを完走できていることにも繋がっていると思われます。より効率的なフォームを目指すには、地面を蹴る意識を少なくし、骨盤から脚を動かす意識を持ちましょう。そうすることで、現在よりも下半身の大きな筋肉を使った効率の良いフォームになります。また着地位置が遠い傾向が見られました。
振り出した脚を、自然と引き戻すタイミングで接地するイメージを描いてみましょう。腕振りについては、上半身をリラックスさせ、肘を後ろに引く意識を持ちましょう。

【前方からの映像】
上体のぶれは小さく、左右の軸が安定しています。
着地時の右足先がやや外に向いています。
【側方からの映像】
自然な前傾姿勢が保たれています。
腕振りは肘からスムーズに引けています。
着地の位置が遠い傾向が見られます。
股関節の動きが小さくなっています。
【後方からの映像】
右足の着地は、かかと外側から行われています。
左足の着地は、かかと中央で行われています。
左足のプロネーションは標準的です。
やや右足のオーバープロネーションの傾向が見られます。
【上方からの映像】
上体の回旋によって腕を振る傾向が見られます。
腕振りに左右差が見られ、左側が小さくなっております

2/11 UPRUN川崎多摩川マラソン

10㎞、58’46”でした5’51″/kmと1.5㎞ちゃんとアップしたのにスピードでませんでしたね(GARMIN予想:54’14″)。

先日の分析結果後のアドバイスのとおりに、足をあげて走ると臀筋に効いていいのですが、すぐ疲労するのであまり力強くできないのがネックになりました。

ということは、殿筋強化筋トレが有効ということですかね。

2/12 トライスロン連合主催の「トライアスリートのためのランニングセミナー」が会員無料で開催されたので参加しました。内容は、「厚底カーボンシューズに対応する身体の知識とストレッチ」「ランニングクリニック(股関節ストレッチ、補強、アップ)」です。通常の練習の時は、カーボンなしのシューズの方がいいそうです。そして、やはり体幹強化はとても重要で、股関節はいつもストレッチをしておくことです。

2/20 フォームを改善したけど臀筋の上がはる問題は、やはりまだフォームがおかしく、正しくは、殿筋の真ん中の一番大きい所に効く走り方です。ここを使って走ると大きい筋肉なので、疲れないわけです。ここを使おうとすると自然と前傾になり腰を入れるフォームになり、多少足も自然と上がってきて美しいフォームになります。

2/24 Runmetrixを使って走りました。「着地衝撃」は標準まで落ちて、いい感じの走りができました。着地を真下にする、そのためには前傾して、斜め前に飛ぶことですね。ちょっとつかめてきました。

2/24 今日は、整形外科のスポーツリハビリでシューズを診てもらいました。私は、裸足だと右の片足立ちがぐらつきます。シューズを履くと右はよくなりますが、左がぐらつきます。AがNIKEのベイパー、Bが同じくフライ4、Cがペガサス40です。C>B>Aという順で、Aはかなりぐらつきますね。そこにインソールを入れると、だいぶよくなります。カーボンの高価なやつより、カスタムバランスのインソールのほうがいいです。そして、そのインソールに黄色のポイントに薄いテープをはってもらうとかなりぐらつきがなくなりました。ぐらつきは、両手を水平にあげて、右の場合は、右に腕をずっと伸ばして、後ろから右腕を下に押してもらってぐらつくかどうかをみます。左も同じようにします。

このテープをつけてシューズを履いていると3週間くらいで足のアーチがあがってくるらしい、、。

ということで、東京マラソンは、BのFLY4にカスタムバランスのインソールを入れて走ります!

3月 115km フル予想4時間22分

3/3 東京マラソン

いやーめちゃくちゃ楽しかったですね。しかし、タイムがいただけません。スタート前にトイレに4回もいき、用意万端だったのに5時間28分もかかってしまいました。最初の15㎞は6分30秒/kmでいけていたのですが、そこから早々とちょっときつくなりました。20km以前にきつくなることはあまりないのですが、今回はちょっと解せません。あれだけトイレに行ったのに17㎞地点でトイレに行きました(その後はOKでしたが)。それから20kmまでが7分/kmとなり、26㎞までは、7分30秒。そして31㎞まで8分。39㎞まで8分30秒、それからは9分とゆっくり失速という感じです。また、ビル群を走ったからかGARMINの距離が1㎞も多く計測されました。

最後まで脚は生きていたし、そんなにきついゴールでもなかったので、今回の失速の原因がわかりません。

思い当たる事といえば、大会数日前からHRVの値は凄く低く「疲れている」という表示がでていたこと。17㎞地点から5kmくらいのところで心拍が最大185まで異常に上がっているということです。この心拍異常は、気が付きませんでした。

筋肉痛もそんなになく身体のダメージはそれほどでもなく、当日膝の横の腱が少しはったのと、四頭筋の外側に若干の筋肉痛があるくらいでした。

今月末の福井では、心拍も見ながら走ってみます。6分45秒に落としてサブ5を狙います(今のGARMINの予測値は4時間22分なのにな)。

●3/10 Garmin Run Club in TOKYO(済)前から何かいい練習会はないか探していて、ちょうどGARMINの操作方法も教えてくれる練習会があったのでそれに参加することにしました。しかも安い、1000円。

⇒心拍を150ぐらいにあげてトレーニングをして(GARMINのいうZone3.4)、それに慣れて、その後少しづつ上げるようにすると持久力がつくそうです。逆にサボるとすぐ落ちるそうです。

また、肩に力が入りすぎているというアドバイスを受けました。バイクもスイムも同じような注意を受けます。肩甲骨を意識した腕振りになっていないからなのですね。

GARMINユーザーが GRC(Garmin Run Club) in TOKYOに参加する理由
GRC(Garmin Run Club)は、「Garminのランニングウォッチ Forerunnerシリーズを新たに使ってみたい、新しい機種を試したい、機能をいろいろと知りたい、走力アップへ活かしたい!」という市民ランナーの方へ向けて講座+...

3/16 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン(タダ券で登録済)

55分59秒で5:36/kmでした。RUNMETRIXをつけて走りましたが、改善ポイントの「蹴りだし時間」と「着地衝撃」は変わりませんでした。まあ、これを意識して走るのを忘れていましたね。

GARMINの練習会での習った持久力強化のために心拍はモニターし、3㎞くらいからは、150まであげ、最後の3㎞は158くらいに上げました。ちょっとペースの上下がありすぎということと、最初からもうちょっと心拍をあげたほうがよさそうです。今のGARMINの予測値は53:15ですので(ハーフ1:59:14,フル4:24:15)

3/31 ふくい桜マラソン(済) 大迫傑プロディースで初開催です。ドンピシャの桜シーズン時の開催ですね(開花が29日だそうです)。13,000人参加です。14,500円 ニックネーム入りアスリートビブズ 

出だし5kmは6’10″/kmくらいで、その後予定通りの6’30″で刻みますが、また15㎞あたりから少ししんどくなります。この間にトイレに2回で6分、エイドで1分半使いました。そして、23㎞から7’10”くらいになります。その後も上下ありましたが、なんとかそのペースは守って最後は6分台に戻してゴールで4時間58分でした。

エイドは結構楽しめるので、フルマラソンは、トイレとエイドで最低10分、または余裕をもって15分は使うと計算にいれてたほうがいいですね。その分ペースを上げてカバーするということはしないほうがいいです。

さて今回は、心拍をみて走ったつもりでしたが、15㎞すぎからちょっときつくなったのは解せませんね。あとは30kmあたりでスピードは変わらないのに心拍が上がっているのは何故でしょう。ラスト5kmは心拍あげて走り切れました。

いずれにしても脚は最後まで死なずに行けました。心拍は最初は抑えめに走り、ラストは追い込めていい感じでした。22~37kmあたりの15km の「きつさ」を「楽しさ」に変える練習が必要です・

4月 120km フル予想4時間17分

4/10~ さくらラン 楽しくトレーニングします。YouTubeも撮り直しました。

4/15 長田豪史のトレイルランニング練習会in高尾

2年前くらいから「行こう行こう」と思っていて、やっと実現しました(レース前なので)。トレランって私の想像していた山の尾根を軽快に走るものではなく、ただひたすら「歩いて」登るという感じでしたね。軽井沢のレースは20kmで7時間の制限時間というのも理解できました。

これはこれで心肺や四頭筋のトレーニングにはなりますね。

翌朝は、上りの時の大腿四頭筋の内側広筋はそれほどの筋肉痛でなかったですが、下りの時に使った外側広筋は階段の下り降りが辛かったですね。よって、ここを筋トレするのがよいということになります。

トレイルラン初心者のための装備・練習~トレイルランを始めよう! 高尾山トレイルランニング練習会(初級編)に参加しました
見晴らしのいい山道を走るのは、気持ちよさそうですよね。「トレイルラン」は、私のBucket List(死ぬ前にやりたいことリスト)の一つなので、今年はやってみたいです。 まずは練習会からですかね。トレイルランシューズとかいろいろと準備も必要...

4/21 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

55’58″で5’35”/kmでした。

4/27 軽井沢トレイルランニングレース ミドル21km 制限時間7時間 7,600円 申込12/17~ ロング600名 ミドル300名

事前に練習会に行っていたおかげで多少、準備ができまた。トレイルはマラソンの倍と思っていたほうがいいようです。つまり21kmだとフルマラソンを走るのと同じ運動量ということです。なので、軽い気持ちで参加というわけにはいきません。

今後は、10㎞くらいの大会にはでるけど20kmくらいは用意周到にして参加するということです。

ただ、四頭筋のトレーニングにはとてもいいですね。脚に筋肉痛を起こさせるほど筋トレしたことは最近はないですから。夏はランの量は減るので、トレイルで距離ではなく負荷をかけるトレーニングをするというのがよさそうです。

【動画付き】軽井沢トレイルランニングレース2024: 東京日帰りで挑戦する20kmコース・ヒル対策も万全
今年は、トレイルランのレースに挑戦したいと思っています。初心者にもよさげな大会ということで、「軽井沢トレイルランニングレース」のミドル20kmに申し込むことにしました。 この大会は、軽井沢プリンススキー場を発着としたラウンドコースで、雄大な...

トレラン大会の後、会場でトレラン用の短つばキャップ、そして軽井沢のアウトレットでナイキのトレランパンツを買いました。

特にキャップは、かっこいい帽子を探していたので満足です。

5月 76km フル予想4時間31分

5/18 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

GARMIN予測は,ちょうど50分で5’00″/kmでしたが、直前のゴルフ合宿の疲れか気温が24度もあったためかスピードが全然です。心拍は140くらいから155くらいまで上げたのに5’30″/kmがMaxという感じで、57’57”,5’47″/kmでした。

5/20 トレイル用のTシャツを作りました。いい感じです。

5/21 しらとり練

1,500円という格安の練習会が皇居でやっていましたので参加してみました。練習の最後の300mインターバルで追い込みました。4’12”/kmペースまで追い込めました。

マラソン始めた2000年、43歳の時は、5kmを4’18″で走れていたのでした。

5/27 まだ歩いている時の姿勢が後傾になっているそうです。

5/29 左腰が開いているそうで、中殿筋の下に力をいれて内にねじり、足は左にねじる感じで、足の小指でしっかり着地するといいそうです。

6月

6/1 (土) 奥多摩トレイルラン大会 (募集期間:2/1~) 小規模大会 R青梅線青梅駅下車 5 分 10km 4,000円 8:35スタート

これで、10㎞トレイルの感覚をつかみたいですね。よければ、参加回数増やします。

【全コース紹介動画付き】奥多摩トレイルラン大会2024 チャレンジャー・レース :青梅高水国際トレイルランの練習にもなります!
奥多摩トレイルラン大会(青梅~川井)は、青梅駅から徒歩8分をスタート地点としたトレイルラン大会でアクセスもよく、10㎞コースだと初心者にもやさしくてよさげなので参加しようと思いました。 このコースは、『青梅高水国際トレイルラン』の15㎞コー...

6/9 八重山トレイルレース 13㎞/22㎞ 5時間 (募集期間:1/18~5/5) 上野原駅から 

⇒ということで、13㎞でもトレイルはハードなのでちょっとこれは辞めておきます。

八重山トレイルレース: 温かな歓迎と美しい自然の中で走る
八重山トレイルレースのおすすめポイントを調べたら 温かい地元のおもてなし: 八重山の地元の方々は心温まる歓迎をしてくれます。親しみやすい雰囲気で、参加者を温かく迎えてくれることで知られています。 走りやすいトレイルコース: アップダウンはあ...

6/15 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

例によってGARMIN予測は52’30″(5’15″/km)だったので、最初は5’30”/kmにして、後半5kmで5’15″/kmにしようと思いました。しかし、最初は5’20″/kmくらいでいけるのでこれで行こうとしましたら、3㎞くらいからこれではいけなくなり、5’30″になり、5kmからは6’00″になり、8kmからは6’16″⇒5’58″⇒5’44″という結果でした。心拍は最初からずっと150でかなりきつかったですね。

結果は、57’42″で5’46″/kmでした。最近少しスピード練習も入れているつもりですが、絶対量が不足しているのでしょうね。

6/20 持久力測定 東京体育館

6/30 きさらづトライスロン(募集期間:3/1~) 制限時間4時間半 選手がサイクルトレインB.B.BASEを申し込んだ場合は、第8ウェーブ(10時5分~)にしてくれるそうです。両国までは21㎞あるのでさすがにバイクで行くのはその後のレースに響きそうなので、電車で行くとすると5:54着なのでギリギリですかね。【往路】 両国6:12頃発 ⇒ 本千葉 6:59頃発 ⇒ 木更津7:27頃着【復路】 木更津16:26頃発 ⇒ 本千葉16:55頃着 ⇒ 両国17:32頃着

7月

7/20 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

8月

~8/11 パリ オリンピック

陸上 8月1日(木)~8月11日(日) ゴルフ 8月1日(木)~8月10日(土) マラソンスイミング 8月8日(木)~8月9日(金) ブレイキン(ブレイクダンス) 8月9日(金)~8月10日(土) 8月10日 男子マラソン 8月11日 女子マラソン

8/17 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

9月

9/8 Mt富士トライスロン富士河口湖(募集期間:3/22~)1,100名 昨年出て非常によかったので今年もまた出たいですね。4月8日から東横イン予約開始です。一応ホテルルートイン河口湖25,500円(2泊)で予約。それか 瀬戸内しまなみ海道 今治伯方島トライアスロン 400人参加

⇒ちょっと予定が合わず今年は断念することにしました。

9/21 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

9/29 2024横浜八景島トライアスロンフェスティバル  スプリントしかない大会です。結構ストレスフリーで参加できそうです。10月の「99」の前哨戦としていいかなと思います。

スパルタン(新潟)?

10月

10/13 九十九里トライアスロン

10/19 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

10/27(確定) 金沢マラソン  15,000人 15,000円 ドーミインホテル予約済 申込開始4/14~ 6月下旬結果発表(おさえとして11/3の「東北・みやぎ復興マラソン(仙台)」も応募しようかなと思います。申込3/17~8/20 先着順 14,000円 12,000人 ドーミインホテル予約済)

11月

11/12 世田谷246ハーフマラソン いつも他の大会とかなさって出れなかった地元の大会です(園地トリー7/1)。2024年は参加しましょうかね。「栃木マラソン」の前哨戦という位置つけです。7500円。(もし、みやぎマラソンになったら11/17のMINATOハーフ(エントリー6月下旬)に変えます。)

11/16 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

12月

12/15  はが路ふれあいマラソン 2500人 申込開始8/1~7,000円  栃木県のマラソンです。日帰りでも行けますが、泊まりにするか思案中。

12/21 ムサコ丸子橋リバーサイドマラソン

ナセルT (おしゃれなランニングTシャツです)

過去の月報

65/66歳のランニングトレーニング月報2023年~故障しない身体つくりが目標
2023年のレースの申込が始まってきましたので、2023年の年間計画を作りました。レース以外のゴルフなどの計画も併せて書いておきます。結構忙しい1年になりそうです。とても66歳の年間計画とは思えないですね。 これだけのイベントを全部こなすた...
64歳 月間ランニング トレーニング レポート 2022年~年末は年代別優勝で締めくくり
今年は、走行距離は1,000km以上を目指します。コロナ後もリモートワークは定着するでしょうから、達成可能だと思います。月100kmを基本ルーティンにしたいです。 フルは前半2本と後半2本(福岡と他)で、年間4本走りたいです。後半は旅行を兼...
63歳 ランニング トレーニング レポート 2021年
2021年のレース計画・実績 2021年の前半は、コロナの影響をまだ受けます。 まず、しょっぱなの1月は、新春恒例、1万人規模の「ハイテクハーフマラソン」2月は、必死の思いでエントリー確保できたこれも1.8万人規模の「湘南マラソン」でしたが...
62歳 ランニング トレーニング 2020年
2020年 レース計画 さて、2020年度のランです。今年は無謀にも6本のフルを走ろうかなと思っています。一番のハイライトは「グアムマラソン」です。Qちゃんがゲストなので申し込もうと思っています、カミさんも参加するかもしれません。あとは、日...

応援クリックよろしくお願いします。

マラソン・ジョギングランキング
マラソン・ジョギングランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました