ストレッチ月報2023年~スタンディングデスクを使いこなそう

ストレッチ

昨年初めに半月板を損傷してから、いちだんと股関節が硬くなったような気がします。また、右足で片足立ちもまだできません。これができるようになるとランでの怪我は激減するでしょうし、股関節も柔らかくなるのではと思っています。まあ、椅子に座りすぎですね。内転筋が弱っているそうです。

昨年5月にマッサージガンを買い、いつもこれでマッサージしていて気持ちよく、中殿筋の凝りはマッサージボールを使わなくてもこれで十分ほぐれますが。右肘痛はゴルフ肘でした。スィング矯正で治りました。

半月板損傷で整形外科に通うようになり、週2回、理学療養士に施術してもらうのですが、専門的な知識も教えてもらっていい勉強になります。

そこでは、やはり、体幹強化、つまりインナーマッスル強化を指導されます。ここで覚えたインナーマッスル強化の運動とストレッチを家で習慣化するのが、今年の目標です。

そういえば、いつの間にか朝のラジオ体操やストレッチポールをやらなくなってしまいました。

身体が硬くなるのそもそもの原因を取り除くのが一番いいと思います。一日で一番多い姿勢は座っている姿勢です。これを腰をいれた正しい姿勢にするというのも大事ですが、手っ取り早く、椅子に座る状況をなくすというのがいいと思います。よって、自宅と会社のスタンディングデスクをフル活用して、ディフォルトは立ち姿勢で、きつくなったら座るというルーティンにすべきでしょう。

腰痛は自分で治せ~昇降式スタンディングデスクのパワー
腰痛の方は多いのではありませんか。身体の痛みは姿勢からくることが多いです。なので、整骨院やマッサージに行っても、その時だけ調子よくなりますが、すぐまた悪化します。要は、根本の原因を矯正できていないからです。これがよく言われる「整骨院にいく...

右脚のふらつき矯正には、壁などに手をついてバランスをサポートした状態での片脚スクワット(スクワット動作は小さく、右側骨盤周辺の筋肉(お尻やお腹の奥の筋肉)を意識。)がいいようですので、スタンディングデスクを使っているときは、これをルーティン化したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました