2024/25年マラソンシーズン申込開始:どの大会を申し込むか、その最適な方法の紹介

ランニング

2024年の秋からのシーズンの10~11月大会の申し込みが半年前の4月中旬から始まります。

ホテルなども早めに抑えておくほうがいいので、そろそろ来シーズンの予定を立てたいと思います。

私は、47都道府県フルマラソン制覇(トライスロンも含む)を目標にしていますが、なるべく人気のある大会に参加したいなと思っています。マラソン大会は小規模までいれるとフルマラソンだけでもかなりたくさんあるので、まずは、募集数が1万人以上の大会から選ぼうと思っています。

私の調べた限りでは、全国で33の1万人以上のフルマラソン大会があります。規模だけでみると、東京から日帰りができる関東圏の大会は規模が大きいですね。ランナーズの100撰にも選ばれている大会は〇をつけました。

さて、これを白地図にプロットすると

こんな感じになります。8~12月開催が緑色の県で、太平洋側にプロットしています。15大会あります。1~4月開催はピンク色の県で18大会あります。

シーズン中に2つだと、この両方から選べばいいのですが、私は、シーズン中に4回参加したいので、それぞれ2つ選ばないといけません。2つの大会の間隔は最低でも1カ月は開けたいのですが、大体11月と2月に集中しているので、選ぶのがちょっと難しいです。

とりあえず、参加した大会を消して、制覇した県を紺色に塗るとこうなります。

2024年の秋シーズンは、地元の福岡へ時期は決まっていませんが秋か冬には引っ越す予定です。なので、ちょっと予定組むのが難しいですが、今のところで組んでみます。

秋の候補の大会は、ほぼ皆、11月ですよね。12月の大会は宮崎の「青島太平洋マラソン」です。フラットで走りやすいと有名です。ここは、6月15日からエントリー開始の先着順なので、まずはこれをおさえようと思います。今年は12月8日でしょう。

あとの11月の大会は大体3日か10日で、青島太平洋マラソンとは約1カ月離れていますが、「神戸マラソン」だけはちょっと遅くて11月19日なので、今回のチョイスからは外します。

時期的に一番よさそうなのが、10月27日の「金沢マラソン」です。ただ抽選倍率が2.4倍(結果発表6月下旬)です。11月10日の「おかやまマラソン」が1.8倍(結果発表6月18日)です。どちらも落選したら、6月末時点で福岡から日帰りで行ける11月3日開催の「下関海響マラソン」にレイトエントリーしようかと思います(申込期間5月17日から約1か月半)。倍率2倍の11月10日の福岡マラソンも宿泊の事を考えなくていいので一応申込だけはしようかと思います。金沢はドーミインがありましたので、おさえています。

さて、次は2025年春のシーズンです。このシーズンも2月に集中しています。鹿児島マラソンも3月とはいえ、3月2日です。この頃は福岡に住んでいるのは確実なので、日帰りで行ける3月23日の「さが桜マラソン(8,500人)」に参加しようと思います。

2月に「大阪マラソン」もありますが、2025年は、大阪万博もありボランティアをしようと思っているので、大阪マラソンは2026年でもいいかなと思っています。そうすると、結構人気の高い、福岡から日帰りで行ける2月18日開催の「熊本城マラソン」に参加しようと思います。

2026年は、1月14日の「いぶすきマラソン」と2月25日の「大阪マラソン(倍率4倍)」のセットにしたいと思います。香川県が2026年春のフルマラソン開催を宣言しました。第一回目は気合が入っているはずですし、友人もいるのでここもねらい目ですね。

【旅ラン】ランニングツーリズム~マラソン大会47都道府県制覇の旅
各都道府県開催のフルマラソンやトライアスロン大会に出て全国制覇したいです。マラソン大会に旅行がてら参加するのを「ランニングツーリズム」といいます。また、自然や地域などとの関わりを通じて心身の健康回復を目的とする旅行形態を「ウエルネスツーリズ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました