ランニング 活性酸素対策~マラソンででる酸化ストレスは老化を促進するのか

ヘルス

身体に発生する活性酸素は、殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしていますが、その量が多いと自身の身体も攻撃し(酸化)疲労や老化の原因になるとされます。また、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、がん、糖尿病、胃潰瘍、肺炎、脳血管性痴呆症、アルツハイマー型痴呆症、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ、白内障などの発症にも関与するといわれています。

活性酸素を増やす生活習慣として①タバコ②アルコール③激しい運動④ストレス⑤紫外線があります。私は、酒もタバコもやめましたが、ランナーですので③と⑤は心当たりのある習慣です。活性酸素の産生が過剰になり、抗酸化防御機構のバランスが崩れた状態を「酸化ストレス」といいます。

ということで、今は、身体に酸化ストレスがどれくらいあるかを尿検査で測るサービスなどがあります。「Vitanote」といいう尿検査でビタミンなどの20種類の栄養素の摂取状況を教えてくれる検査サービスがあり、その中の一つの検査項目として「酸化ストレス」というのがあります。

「Vitanote」の結果です。2018、19,20,21年と4年間は、まあまあいい状態でした。20年6月からは酒もやめたので状況はよくなっていったかなと思っています。

しかし、今年になって爆上がりしています(基準値3ug)。2022年6月は半月板損傷で走っていないのですが損傷自体が活性酸素を増やしたかもです。12月は、検査の一週間前にフルマラソンを走ったからかもしれません。

ということで、ちょっとヤバイですよね。

ランナーなどスポーツやる人は、酸化ストレスに気を付けたほうがいいのでしょうね。

【食事】ACE(エース)がいいそうです。人参などのビタミンA,イチゴやキウイなどに含まれるビタミンCや、大豆やナッツ類に含まれるビタミンEなどがあります。これらのビタミンA,C,Eには、細胞の酸化を防ぐ働きがあるそうです。

【サプリ】

病院で「サプリは何がお勧めですか」という質問には、アスタキサンチン(Astaxanthin)ということでした。

【医療行為】

高濃度ビタミンC点滴というのがあり、静脈に直接ビタミンCを注入するというものです。内服サプリメントのビタミンCとの違いは、全身に高濃度のビタミンCが行き渡り、摂取したときの効果が強く、内服ではなかった様々な効果が現れることです。25gで15,400円とかなり高額です。1~2週間くらいしか体内の貯めれないので月2~3回の頻度が必要になります。医療費控除は受けられるようですが。

もう一つは、プラセンタ(ラエンネック)で、ビタミンC点滴ほど高くなく、筋肉注射です。

まあ、こういうことをやって、酸化ストレスを増加させないようにしなければなりませんが、結構食事以外でおさえようとするとお金もかかりそうなので、まずは何が一番効くのか見極めたいですよね。酸化ストレスだけに特化した検査もあります。Vitanoteより安いので、ちょっとPDCA回したい時はこちらがいいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました