歯のマウスピース矯正~インビザライン

ヘルス

食物をよく噛んで食べるというのは重要だと皆知っています。その場合、「歯並び」も大切なポイントですよね。最近、流行っている「インビザラインシステム」の説明をします。

歯列矯正というと従来はワイヤーを歯に埋め込んだやつでしたが、数年前からマウスピース矯正というのが導入されてきて、今はかなり流行っているそうです。

これは、まず、歯並びをカメラでスキャンして三次元で再現します。そしてそれを分析して、歯列矯正のプランをつくります。透明なマウスピースを作り、10日間ごとに少しづつ動かしたい方向にずらしたマウスピースに変えていくという仕組みです。

マウスピースは着脱可能ですが、食事の時以外はずっとつけてなくてはいけないので、毎日約22時間、寝ている時もつけっぱなしということです。それで歯並びの状況により、そのマウスピースの枚数が決まってきて、当然枚数が多いほど時間もかかり費用もかかります。20枚だと200日、30枚だと300日となります。私は18枚でしたので、180日間、半年間になります。費用は60万円でした。

最初の診察で歯並びをスキャンしてもらい、後はそれを受け取るだけです。その後、毎10日間に一枚づつマウスピースを入れ替えるだけです。

私が行った歯科病院は、この歯並びデータをアメリカに送って、マウスピースを作ってもらうのだそうで、どこでもこの方法らしいです。

インビザラインシステム」は、米国アライン・テクノロジー社、また、スイスのストローマン社の「クリアコレクトシステム」は、3次元画像化、CAD/CAM技術などの最新技術を融合させた新しいアプローチの歯科矯正システムです。「クリアコレクトシステム」は、アライン・テクノロジーで働いていた人が始めた会社のシステムで、インビザラインが歯のマウスピースで調整するのに対し、歯茎まだ覆うマウスピースで矯正するので、より強力なので、比較的短時間で矯正できるメリットがあるのですが、壊れやすいデメリットもあるので、日本では、インビザラインがシェアがあるそうです。

凄いですね。これだけで歯並びがちゃんと矯正されるわけです。

【2022年7月9日】矯正初めて60日が経ち、7枚目のマウスピースをしています。今日は、別のいつもいっている歯医者で定期検査を受けましたら、いつもより歯の状態がいいとのことでした。これは、お昼も歯を磨くようになったことと、マウスピースにコーヒーなどのステインが付着するのを経験しだすと、おのずと朝昼晩いつもより丁寧に磨きだしたからだと思います。

歯のメンテナンス~セラミック歯・ホワイトニング・ステインクリーニング
言うまでもなく「歯」は大切です。よく噛むという事は栄養摂取に重要なわけですので、きちんと歯はメンテナンスしないといけませんね。しかし、歯医者さんへは、虫歯になった時だけ行くという方が多いのではないでしょうか。散髪に毎月行くように、歯医者に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました