禁酒とダイエット効果~アルコール断つと劇的に痩せる

Drinking ヘルス

コロナ禍になり、家にいてゴロゴロするとお昼からお酒を飲んだりして、お酒の量がふえてしまいます。ということで、一年前に、スパッとお酒をやめてみました。今は全然飲みたいとも思いません。体重も激減したし、お金も時間も余裕ができます。ちょっと経緯。効果を書きましたので、是非、参考にしてみてください。

飲酒習慣

お酒を飲みだしたのは、いつ頃からだったでしょうか。高校2年の時に友達の家の離れで皆でタバコを吸ったり、お酒を飲んだ事がありましたね。この時が初めてではなかったでしょうか。それからは、大学でクラブに入ったりして仲間と焼き鳥屋とか行くようになって生ビールとか飲むようになったと思います。それからかれこれ40数年ですね。お酒って、食事の時のお茶かわりのような存在でした。

禁酒の歴史


それから、最初に禁酒というかお酒が飲めなくなった環境に遭遇したのが、中近東のクエートに5年間赴任した時です。クエートはイスラム教で飲酒を禁止している国でしたから。1983~1987年、25歳から30歳までですね。まあ、日本に帰った時などは浴びるほど飲んでいましたが。


本格的な禁酒は、ランニングを始めてからです。最初のフルマラソン挑戦のために、2か月ほど禁酒しました。2000年、43歳の時でした。その4か月後も2度目のフルでやはり1か月の禁酒です。この時、身体は絞りに絞っていてサブ4を達成しました。かなりストイックな時です。2002年、45歳でフルのためまた短期の禁酒。


2006年、49歳。またマラソンのストイックな時代に。ホノルルマラソン向けて3ヶ月の禁酒。その後の湘南マラソンでまたサブ4を達成。


2014年、57歳。かなり太ってしまったので、京都マラソン前を機に禁酒、禁煙、炭水化物ダイエット。禁酒1年間。


というのが、私の禁酒の歴史です。

今回は、コロナ禍で自粛生活をしていると休みの日とかやることないので、昼からハイボール飲んでしまうし、平日も通勤時間がないので、仕事が終わってから飲みだす時間が早くなり酒の量がとても増えて、普通ハイボール3本ぐらいだったのが倍くらいなりだし、体重が増えただけでなく、肝臓に「ちょっとヤバイな」と思いだしたしました。健診も、rGTPは67(>50)と高めでしたし、初めて脂肪肝という診断も受けました。

ということで、お酒をやめることにしました。

禁酒の経過


2020年6月から、完全にやめてみました。タバコと違い案外禁断症状は出ないものですね。ノンアルコールビールも飲みたいと思わなくなりました。いつもそうですが、禁酒するとすぐお通じがよくなります。また、最初は、寝つきがあまり良くなかったですが、1か月後からかなり寝つきはよくなりました。そして、夜お酒のむとおつまみ的なのを食べたくなりますが、飲まないとそういう食欲は不思議な物でそんなにありませんね。1か月半後くらいから、ちょっと自分でも驚くくらい、どんどん痩せていきました。

そして、今は、9か月経ちましたが、お酒は飲みたと思わないし、今飲むと多分凄く気分が悪くなるだろうなと感じます。また、お酒を飲まないとダイエットはしなくても大丈夫になりますね。食欲は抑えられるような気がします。お酒は食欲を増すと思います。よって、お酒を飲みながらのダイエットは相当難易度が高いと思います。

この本は、結構おすすめですよ。「禁煙セラピー」のほうが有名です。私は、両方の本を読んで、禁煙も禁酒も成功させました。

禁酒の効果

1)健康

まずは体重ですよね。お酒そのものにカロリーがあります。また、お酒を飲むとつまみの柿ピーとか食べたくなります。禁酒すると不思議なもので、夜、つまみを食べたい欲求はほぼなくなります。ということで、毎晩約1,000kcal、月間30,000Kcal、体重換算で4㎏を摂取していたことになります。体重が増えると糖尿とか様々な病気を引き起こします。今は、60kgで安定しています。すごいことです。

また、飲酒により肝臓は直接ダメージを受けるのは常識です。昨年末の健診では脂肪肝も治っていました(祝)。禁酒してからお通じがよくなり、腸内環境も改善しているはずです。また、お酒を飲むと睡眠が浅くなり、寝起きが悪くなりますが、今は、改善している実感はあります。


2)時間

宴席があった後は家で寝るだけとか、家のみでも、お酒飲むとダラけて、学習する意欲はなくなり、ビデオをみてダラダラ過ごす時間が多いものですが、お酒を飲まないと時間ができました。


3)お金

これって、結構節約できますね。大体月に飲み会は月6回が平均でした。今は、コロナでほぼ0になりましたが、After Coronaでは復活するでしょうが、オンライン飲み会とか続くでしょうから外での飲み会回数は減るのでしょうね。また、家飲みだけでもかなりの節約になると思います。その分を新しく始めた筋トレとかストレッチのトレーニング費用等に充てています。

4)老化防止

なんか最近若返ったような気がします。筋トレのせいで成長ホルモンがでているのかなとか思っていましたが、どうも禁酒のせいのような気がします。アルコールで活性酸素が出ていたのがなくなりましたからね。

5)筋トレ

タンパク質の吸収を阻害するので、筋トレやっている人は、お酒はやめたほうがいいです。

最近の若者はそもそも飲酒習慣がない

厚生労働省「国民健康栄養調査」では、「週3日以上、1日1合以上飲酒する場合に、飲酒習慣があるとしている」としています。我々の世代からすると「それくらいだったら下戸の人以外は皆あてはまるのではないの?」と思いますが、世代間で違いがあるようです。

左図は、ニッセイ基礎研究所の資料ですが、1997年と2017年の飲酒習慣率を比べると、男性は全ての年代で、女性は20~30歳代で低下しています。

若い人は下戸じゃない人も飲酒を習慣にしていないという事です。立派ですよね。彼らの親は飲む世代だったろうにと思います。

同研究所によると、これは、米国でもそうらしく、ミレニアル世代を中心に「ソーバーキュリアス(Sober Curious)」という自分の身体や精神の健康を考えて、あえて飲酒をしないという動きが見られるそうです。Soberは「しらふの、酒を飲んでいない、普段酒を飲まない」、Curiousは「好奇心の強い、~したがる」といった意味であり、Sober Curiousは「しらふでいたがる」というニュアンスになるみたいです。

これが新しい価値観なのですね。上記の「禁酒の効果」などは、若い人からすると当たり前で、彼らからすると「なんで酒飲んでんの?」って感じなのでしょうね。私の価値観はかなり古かったということで反省です(涙)。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました