帯状疱疹が流行っています ~何故CMが流れるの?

ヘルス

症状

3年半ぶりの海外出張は、コロナ禍の出入国など結構ストレスになっていたのでしょう。最初は少し微熱がが出て「あっ、ヤバイ、コロナにかかったかも」と思いました。そして、下半身に発疹が出て、これは、コロナと関係なく、何か菌が移ったのはないかと思いました。

2,3日して帰国後、熱は多少ひきましたが、発疹は治らず、病院へ行きました。皮膚科の先生は、一目みただけで「あ、これは帯状疱疹ですね」と言われました。何かに感染したと思っていましたので、ちょっと拍子抜けしましたが。

私の場合は、痛みがさほどでもなかったのですが、通常は結構な痛みがあり、1~3か月くらい痛みは続くそうです。

そして、それが長引くと帯状疱疹神経痛になるそうです(50歳以上で2割)。

原因

子どもの頃、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスに感染して、水ぼうそうとして発症した人が多いと思います。このウイルスは、身体の神経節に潜んでおり、普段は活動が抑えられています。

それが、加齢やストレスによって、免疫力が低下した時に、活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。

最近、やたらと帯状疱疹ワクチン接種のTVCMや新聞広告が増えました。最近、帯状疱疹の患者さんが増えているそうです、そしてこれは日本だけではなく、世界的な兆候だそうです。理由は確証はありませんが、三つあって、①コロナ感染により、免疫細胞やその働きがダメージを受けた。①コロナの2回目接種から増えているので、このコロナのワクチンで一時的に①に似た状況が生じた。②やはり、コロナ禍でストレスが高まり、免疫力が落ちてきている。ということらしいです。

また、コロナに関係なく、80歳までに約3人に一人が発症するポピュラーな病気のようですね。

治療

病院で、薬を処方してもらいます。まずは、ウイルス感染の治療薬の「アメナリーフ錠200mg」を毎日2錠1週間服用します。これは即効性があり、私は一日目で随分楽になりました。あとは、痛み止めの「ロキソプロフェンNa錠」「リリカ」や傷ついた神経の回復に関わるB12の「メチコバール」と胃薬を処方されました。

まあ、私の場合は痛みはさほどでもなかったので、1週間くらいで赤い発疹はかさぶたになり、だいぶ落ち着きました。

予防

予防は、50歳以上の人にはワクチンがあり、これがTV CMなどで伝えられていたことです。自由診療なので、費用はかかります。2種類あって、9000円と20000円x2回というのがあり、前者が効果が8年で予防率が5~7割で、後者は9年以上で、予防率は9.7割だそうです。こうなると、高いけど後者を受けるべきかなと思います。

帯状疱疹の再発する割合は数%で、一年以内に再発する可能性は極めて低いそうですが、治癒後3か月経ったら受けれるそうなので、接種しようと思います。

まあ、ストレスためないのが一番ですけどね。

メンタルタフネス ~ストレスには、カレー、読書、日光、運動
ストレスには、「カレー」がいいって知っていました?ストレスとはある程度、ストレスというのは、人間の活動には、必要だそうですが、当然過度のストレスは、身体にいろんな悪さをします。たとえば、「病気」です。空気中には、いろんな病...
うつとランニング~メタルヘルス
先日、大阪なおみ選手が、「うつ病」を告白しました。世界のトッププレヤーで、さぞかしメンタルが強いのだろうと思っていましたが、誰でもこの病にかかるのだと再認識しました。最近は、うつ病は「心の風邪」といわれ誰でもかかる病と認識されてい...
疲れない体をつくる免疫力 ~疲れをとる方法  自律神経に注目せよ
なんとなく疲れがとれないって時ありませんか。私も時々そういう時があります。これって、結構、理由が解明されているので、それを理解して対処することが大切になります。しかし、下記書いたのは、2011年2月なのですね。10年前に納得したこ...
疲労の科学 ~すべての疲労は脳が原因だった
「最近疲れやすい」とかよく聞きます。下記の本は「疲労」というものを科学的に解明して、その対処法を書いた本です。疲労の原因をよく理解できれば、対処もしやすいです。ちょっと紹介します。(function(b,c,f,g,a,d,e){...
睡眠の質を高める方法 ~よく眠れるための施策
プロのアスリートは、「激しい練習や試合の合間のリカバリーするための休息がとても大事で、どれだけうまく休息できるかで勝敗が決まる」とまで言い切っています。これは、我々、ビジネス・アスリートにも言えることではないでしょうか。とは言って...

コメント

タイトルとURLをコピーしました