テレワーク中に筋トレするには、シックスパッド SIX PADだ!

筋トレ

コロナで在宅勤務をやっていると机に座りっぱなしになってしまいます。この機会をうまく活用できないかと思い、SIXPADグッズを有効活用しようと思い立ちました。仕事しながら、手軽に筋トレできるというのは、一石二鳥です。EMSだけで筋肥大はしないでしょうが、今やっている筋トレのサポートにはなると思います。

シックスパッド アブズフィット Abs Fit

EMSの腹筋ベルトって、結構昔からありますよね。その手軽さから人気が凄く出て、私も過去2回ほど購入しました。テレビCMのようには結果は出ませんでした。そもそも、シックスパッドになるには、お腹周りの脂肪を落とせば、自然と腹筋はみえてくるので、シックスパッドになります。

ということは、わかってはいたのですが、最近の商品はベルトもなくなり、手軽さは半端ではなく、また、2018年8月に購入しました。20HZの低周波を流して、15段階(AbsFit2は20段階)で調節できます。レベル10くらいでも結構効きますね。一回23分間です。

難点は、ジェルシートを定期的(30回)に交換と、ボタン電池(CR2023)の交換しないといけません。Abs fit2では充電式なので電池交換は発生しません。

さて、3年経ちましたが、思い出したようにしか使っていません。今は、普通に毎日自重で腹筋やっているのでそれなりに鍛えているからです。しかし、テレワークになり、何かやりながら仕事したいと思って、アブフィットをもう一度ちゃんとやり、今やっている筋トレのサポートにしようと思い立ちました。

3年間ジェルシートも替えていないので交換することにしました。結構高いのですね。汎用品が売っていたのでそちらにすることにしました。自己責任でやってくださいとの事です。

とりあえずは、Level10からMAXまで段階的に上げていこうと思います。

シックスパッド フットフィット Foot Fit

これも、冒険家の三浦雄一郎さんのCMで有名になりました。私は、ランナーなので、また、座ったまま仕事中につかえるので、テレワーク中に手軽に脚を鍛えられると思い、2020年7月に購入しました。トレーニングできる部位は、足裏・前すね・ふくらはぎの3か所で一回23分間ですね。スマホアプリとも連動できます(Abs Fit2もできます)。ちょっと高齢者に人気があるのが気になりますが。レベル13くらでやっています(MAX20)。ジェルはいらず、電池交換だけです。

あと、フットフィットを左図のように設置することにより、角度をつけてその上に足をおくことによって、「ストレッチボード」の役割もしてくれるということに気づきました。

ストレッチボードにのると、足首やふくらはぎを伸ばすことができます。前屈するとなおストレッチができていいそうです。

そういえば、ランナーには、ストレッチボードでストレッチを習慣づけるのがいいって言われていたのを思い出しました。

SIXPAD Station 

SIXPADを売り出しているMTGという会社は、ついに「近未来型EMSトレーニングジム」なるEMSを使った「SIXPAD Station」というジム運営を始めました。都内に4店舗ほど展開していています。約8,000円/回です。

EMSのボディスーツを着て、15分という短時間で筋トレをやるというものです。私も、別のジムで同じコンセプトのEMSスーツ体験しましたが、確かに身体中に刺激があります。

SIXPAD HOMEGYM

SIXPAD Stationを家でやりましょうというのが、このSIXPAD HOMEGYMです。これは、約12万円のPowersuit 又は、約13万円のバイク、ないしは両方購入し、月額4,180円のオンラインプログラムを申し込むというサブスクビジネスモデルです。

筋トレというより、どちらかというと有酸素運動主体のダイエット目的のほうがフィットしている感じがします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました