スピードゴルフとゴルフトライアスロン

ゴルフ

ゴルフ場で走ろう!

私は大体週末ランナーなのですね。しかし、ゴルフがあるとその日のランニングの練習はできません。よって、ゴルフに日でもちゃんとランニングのトレーニングができるようにするにはどうするか考えた結果。カートに乗らずに、「歩く」でなく「走る」ことにしました。ゴルフ場は適度な起伏がありますし、アスファルトでないので、足首の鍛錬にもなります。歩きですと遅くなり、皆の進行の妨げになるかもしれませんが、「走り」ですと大丈夫です。

その時の、お助けグッズが、クラブケースです。手で持ってもいいし、肩に担いでも走れます。大体、パター、サンド、アプローチ、7番、5番の5本を持っていけば事足ります。足りない場合は、カートまで走っていって必要なクラブをとりにいけばいいだけです。

シューズもランニングシューズ タイプがいいですね。

スピードゴルフ

私が走っている姿を見た友人が、「そういう競技があるよ」というので検索してみましたら、「スピードゴルフ」というのがあり、「日本スピードゴルフ協会」というのもあるそうです。

そのホームページの説明によると、1979年米国が発祥で、クラブ7本で、スコアとタイムの合算で競う競技だそうです。スピードゴルフスコア(SGS)は、ラウンドスコアとタイムの合計。たとえば18Hでスコアが80、タイムが60分だとすると、80+60=140で140がスピードゴルフスコア(SGS)として記録されるのだそうです。

しかし、普通のゴルフ場で勝手にこの競技をするわけにもいかず、そういう大会やるイベントに参加するしか方法はなさそうです。スピードゴルフ協会主催のコンペが年間6回(トーナメントが4回)くらいあるようです。首都圏では、茅ヶ崎ゴルフリンクスという9ホールのゴルフ場が会場に使われています。

しかし、まずは、ゴルフのスコアを上達させなければ参加の意味はないかもしれません(涙)。

ゴルフトライアスロン

なんでも「ゴルフトライアスロン」なる競技があるのだそうです。私にピッタリではありませんか。

鉄人の部(ゴルフ-18Hs ラン-18Hs バイク-36Hs)とチャレンジの部(ゴルフ-9Hs ラン-9Hs バイク-18Hs)があるそうです。18H って、約6,200ヤードで5.6km,実際歩くと8~10㎞くらいで、起伏があるので、鉄人の部だと、 18ホール廻って、ラン10㎞弱、バイク20km弱って感じですね。トライアスロンは、スタンダードだとスイム1.5km、バイク40km、ラン10kmなので、ちょうどおなじくらいですかね。シニア(60歳以上)1位の方は特別表彰とあるので、チャンスあるかもです。

コメント

  1. […] スピードゴルフ ~走って打つ ゴルフをワイルドにゴルフ場で走ろう!私… […]

タイトルとURLをコピーしました