ランニング ホームコース ~全てリバーサイド 多摩川、室見川、シンガポールリバー

ランニング

ランニングのホームコースは川沿いが多いですね。川沿いの道は大体、歩道になっているので、安全ですし、信号ないのでスムーズに走れます。それに気持ちがいいですよね。ということで、私のホームコースを紹介します。

多摩川サイクリングロード

ここは、もう11年くらい走っていますかね。ここには、ゴルフ練習場もあり、また、サイクリングロードにもなっているので、ほぼ毎週末は、この多摩川河川敷で遊んでいるという感じで、もう私の庭のような存在です。

また、皆、河川敷で野球、サッカー、ラクロスとかしていますので、それを横目で見ながらランします。

丸子橋から、この写真の先までが5kmなので、往復10㎞を走っていますね。たまに15㎞走もして、羽田空港方面までいくと往復20kmとれます。

室見川河川敷

さあ、福岡でも走りこみしようと、午前中は東京の多摩川で10km走ってから、飛行機に乗って福岡へ、家に着いて、すぐ、福岡のホームコースで、家から2kmの室見川へ10km走に出かけました。ここも20km走もできますね。

ここも3~4年走ったコースです。

 

同じ日に、多摩川と室見川という違う河川敷を走ると違いがよくわかります。多摩川は関東平野にあるので、山は見えません。夕方遠~くに富士山がシルエットでみえるくらいですか。また、河川敷地が広いのでランニングコースからは直接川は見れませんが、その敷地を使って様々なスポーツを皆楽しんでいますので、賑やかな雰囲気を楽しみながらランができます。

一方、室見川は写真のように山が見えます。海のほうに走ればすぐ浜辺にもでます。川もコースのすぐ傍です。という事で、自然が溢れるコースですね。

「せせらぎの音楽」が室見川ランには、特に合います。実際には、川の流れの音はそんなに聞こえませんが、Walkmanからは、水の音が鮮やかに聞こえてきます。また、福岡県鳥であるユリカモメが室見川にいます。違う鳥の鳴き声ですがそれも聞こえてきます。

要は、モノクロ景色に色彩を付加したというか、音響効果を付加して景色をよりVividにしたということですね。

シンガポール リバー

4年ほどシンガポールに住みました。シンガポール リバー沿いを走り、このマリナーベイを一周して帰る10kmのコースをホームコースにしていましたね。

Singapore Running Routes シンガポール ランニングコース

シンガポールは暑いので、朝か夕方、10kmがMaxでした。観光名所を通り抜けるので、それなりに気持ち良ったです。

特に夜はUrban Runningのような感じでテンションあがあります。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました